星槎の全国の仲間たち

7

きっかけ(cue)

9月のある日、私たち夫婦はラジオから流れる長男の声を不思議な感覚で聴いていました。

「ラジオ番組」の制作。
長男が「星槎」に編入して1番やりたかったこと。

3年前に不登校になりほとんど自室に籠っていた長男は、スマホでラジオを良く聴いていました。また、ライブや握手会に行くなど、乃木坂46の存在もラジオと共に彼の心の支えとなっていました。

メディア研究ゼミで制作したこの番組は、乃木坂46の「きっ

もっとみる

サーフィンは考えていても始まらない

そう教えてくれたのは、あるプロサーファーだった。

それまでの私の中のサーフィンのイメージは、
「敷居が高い」
「ヤンチャな人たちがやっている」
そのイメージのせいで、なかなか一歩を踏み出せなかった。

高校2年生のゼミ授業で、初めて波に乗った。
…最高に熱い。

波に乗ったボードが、水面の上を走って行く感じたことのない爽快感や、岸までロングライドした時の達成感。

何より、最高のライディングをし

もっとみる

もっとも肝心なのは、「人のあり方」By A・ショーペンハウエル

今回の贈る言葉はショーペンハウエルです。彼は生涯の40年間で本文を著述し、これにつづく30年間において、前者についての注釈を付加する。これはショーペンハウエルの代表的な格言です。

ショーペンハウエルは、世俗的な幸福の源泉を以下の3つに分けています。
人のあり方、人の有するもの、人の印象の与え方。
この内、もっとも肝心なのは、「人のあり方」であるとした上、外部的な財宝や名誉よりは、健全な身体に宿る

もっとみる

見えない時にみえるものもある。愚痴を言うか、夢を語るか!

ボクは、友人と食事に行くことが大好きです。
週末はできる限り、友人と食事に出掛け、新しい知識や情報交換の場となるような時間を持つようにしています(なかなかできていませんが・・・)。

つい先日は、近隣のお蕎麦屋さんへ食事に出掛けました。
そこのお蕎麦は、{普通盛り・大盛り・富士山盛り}の中から同一料金で選ぶことができます。僕は迷わず、富士山盛りを注文します(笑)。
富士山盛りとは、呼んで字のごとく

もっとみる

犬と料理と、ときどきフィギュアスケート

こんにちは、SAWAMOTOです。
英語と社会を担当しています。
今年で星槎5年目を迎えます。

東京都府中市出身ですが、中学生の時に引っ越してきてから八王子市に住んでいます。会社員経験を経て、教職につきました。
夫の転勤で、2002年から13年間アメリカの4都市ミネアポリス、アトランタ、シアトル、サンフランシスコで暮らし、2015年に帰国しました。
授業では、より実践的な英語を勉強していきたいと

もっとみる

剣道を通して学んだ人生の言葉たち

久保木先生と言えば、誰もが「剣道の先生」と答えるでしょう。
でも、実は鉄オタだったなんて…

みんなが知らない久保木先生の一面をお届けします。

久保木の「座右の銘」は【継続は力なり】ですが、
反省や後悔は数多くありました。
私が勇気をもらった心に残った言葉があります。

「稽古は噓をつかない」

「自分が学んでいることは心の修行」

「人の出会いを大切に」

「先生を3年間信じて良かった」(星槎

もっとみる

剣道との出会いで成長

小学校中学年まで野球が大好きで、友だちと小学校の校庭で放課後も楽しくプレーをしていた。
いわゆる野球少年だった。

小学校5年生の時、町内会の回覧板で「剣道教室」のお知らせが回ってきた。

それまで父ともキャッチボールしており、私は「父は野球がとても得意なのだ」と思っていたが、このとき初めて知ったのだが、驚いたことに父は「剣道の有段者」だった。
そんな父の勧めもあり、剣道教室に参加。
もう一つ驚く

もっとみる