見出し画像

生徒を全国優勝へ導いた、伝説の教師。

偏差値も大事だけど、「変化値」はもっと大事。星槎国際高校の「先生らしくない高校の先生」が語る、スポーツにまつわるコラムをお届けします。

星槎教師列伝 Vol.18
生徒を全国優勝へ導いた、伝説の教師。
原 彩子 副センター長(星槎国際厚木)

画像2

”ソフテニ"との出会い

 今年(編集部注:執筆当時の2018年)の全国高等学校定時制通信制全国ソフトテニス大会で、星槎国際八王子の岩上希海(3年)と松井海南江(3年)が女子団体・女子個人で見事優勝し、2冠を手にした。その2人を指導したのが星槎国際厚木・副センター長の原彩子だ。 ソフトテニスを始めたきっかけは、クラスメイトがソフトテニスをやっていて興味を持ったから。そこから、今にも続く、長いソフトテニス人生が始まった。

華麗なる選手としての実績

 経歴は、小学校から大学と部活動やクラブチームで活躍し、社会人になった今でも少しずつではあるが続けている。福島県では福島県国体強化選手にも選ばれていた。実績としては、小学校時代は福島県大会優勝、高校時代は福島県総体県北予選優勝、大学時代は東北総体準優勝、全国教育大学選手権準優勝、社会人では東北選手権準優勝、神奈川県選手権第3位、川崎市春季選手権優勝、川崎市秋季選手権優勝など、華麗なる実績をもつ。

楽しいのは「コミュニケーション」があるから

 ソフトテニスをしていて楽しかったことは「今考えると、クラブチームや部活動の先輩や後輩、同僚などそれに伴うコミュニケーション」と。年齢が上の方とも話す機会が多かったので、今でも年齢関係なくコミュニケーションを取ることができるそうだ。また「プレーを続けることで忍耐力がついた」とも。筋肉もたくさんついたおかげで、体力は今でもなんとか保っていて、それらの経験や財産が社会人になって活きている実感があるそうだ。

何よりも難しいのは「続けること」

 逆に、辛かったことは、練習しても勝てないこと。しかも社会人になって練習する時間がないのが残念。しかし、大学時代の先生に「ラケットの素振りだけでも、続けることが一番難しい」と言われたことが印象に残っていて、練習が全然できなくても、一生続けようと思ったそうだ。年齢を重ねても続けることができるのはソフトテニスの魅力だと話されていた。ただし、いきなりプレーして肩を壊さないようにすることを心がけていて、「すでに2回壊していることは教訓です」と苦笑い。

経験に勝るものはない

 もっとも印象に残っている試合は、社会人1年目の東北選手権決勝戦で、急に足をつったこと。惜しくも優勝を逃し「すごく悔しかった」「体調管理はとても大切」と本当に悔しそうに話をしていた。星槎でスポーツを頑張っている生徒に対しては、「心も体も健康に成長してくれることを祈るばかり。自分の糧になる経験をして欲しい」と笑顔で話されていたのが印象的だ。

(星槎スポーツ新聞 Vol.18より)

画像1


2
星槎の中学校・高校・大学では「する・みる・ささえる」をテーマに、スポーツを一つの手段として、補い合い認め合う共生社会の実現を目指しています。保護者、生徒のみなさんはじめ、全ての星槎ファンの皆さまへお届けするスポーツコラムです。http://www.seisa.ed.jp/