星槎国際高等学校「スポーツコラム」始めます。
見出し画像

星槎国際高等学校「スポーツコラム」始めます。

星槎は50年にわたり、通信制高校の仕組みを活用しながら「学校に合わせなさい」だけではなく、「学校が(も)生徒に合わせる」ことをテーマに、もっと違った学びを求めている人、スポーツやアートなどに没頭したい人、あるいは、もう一度学校で再チャレンジしたい人など、一人ひとりの希望と学びやすさに配慮しながら、それぞれが輝くことができる場面作りを大切にしてきました。

インターネットだけでは育み切れない、生きるための“関わり合う力”を育むための手段の一つに、スポーツがあると考えます。自分と向き合う手段として、あるいは仲間を作り、関わる手段として、トップアスリートを目指す生徒から定時制通信制大会でチャレンジする生徒まで、多様なスポーツのあり方を応援し、大切にしています。

公式noteでは、そんな星槎の先生が綴るスポーツ・教育にまつわるコラムを、保護者、生徒のみなさんはじめ、すべての星槎ファンの皆さまへお届けしていまいります。お楽しみに。

※ 2022(令和5)年5月より、スポーツに留まらず、星槎に関わるさまざまな人の言葉を繋ぐ「星槎国際高等学校 公式コラム -Words Raft(ことばのいかだ)-」としてさらに進化しました。

画像1


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
星槎国際高等学校 公式コラム「Words Raft -ことばのいかだ-」
星槎は、年齢や国を超え、こどもから大人まで様々な関わり合いの中で認め合い、補い合い、そして学び合う「皆んなで作る共同体」です。その手段として、スポーツや芸術があり学校があります。このコラムでは、星槎に関わる人たちの数々の想いをお届けします。https://seisa.ed.jp/