見出し画像

共生社会の実現者となる、ブータン留学生

画像6

みなさんこんにちは。星槎のことはなんでも知っている「セイサ先生(仮)」です。星槎の高校、大学には、ブータンやエリトリアなど、アジア・アフリカを中心とする海外からたくさんの留学生が集い、学んでいます。

星槎で学んだ「共生」の心を、故郷であるそれぞれの国に持ち帰る。そして将来の日本との懸け橋となる。そんな若者が増えていくことで結果として、地球が共生社会となることを、星槎では本気で目指しています。

画像1

アーチェリーを通して学んだこと

そんな中で星槎国際湘南アーチェリー部で3年間学んだ、ブータンからの留学生・3年 ニドゥ ドルジさんとソナム チョデンさんは、いよいよこの春卒業を迎え、祖国・ブータンへ帰国しました。

画像2

3年と2ヶ月前、初めて来た時はアーチェリーも言葉も分からず、腕立て伏せも1回も出来なかった2人が、毎日毎日ひたむきに努力をし、最後は県内でもトップレベル、ブータン代表とも戦えるほど成長しました。

右も左もわからない、日本という初めての土地で、祖国を代表し、祖国のために学び、挑み続けた3年間でした。星槎を支えてくださる全ての皆さまのご支援によって、最後まで投げ出さずにやり切ることができました。

韓国やナショナルトレーニングセンターでの日本代表との合宿。エリートアカデミーの選手たちとも交流を深め、多くの仲間を作ることができました。星槎国際湘南アーチェリー部の一期生として、2人が切り拓き、築き上げたものはきっと、毎日2人の背中を見ていた後輩たちが引き継ぎ、そしてその道をさらに切り拓いてくれるでしょう。

再会を誓った、笑顔と涙のお別れ会

画像3

部活動練習の最後は36射の点取と3人の団体戦で54点ゲームを行い、結果最後は55点で終わりました。これが星槎での最後の練習です。もうやり残したことはありません。お別れ会ではお世話になった先生方と一緒に高校生活を過ごした仲間たちと感謝の言葉を交わしました。心温まる一幕でした。

画像4

家族みたいに過ごした3年間

2人は帰国後、アーチェリー競技を継続しながら大学進学を目指します。卒業を迎えてのインタビューで、二ドゥ君は「3年間を良い形で終えることができて、すごく嬉しい。」ソナムさんは、「日本では星槎の皆さんと家族みたいに過ごしてきたので、帰国することが決まった時は涙が出ました。」と答えてくれました。そして、3月14日、日本滞在中にお世話になった先生方に見送られ、無事にブータン王国に旅立っていきました。

今回卒業した2人には、日本で学んだことを活かして、ブータンでも輝いてくれることを願っています。がんばれ、ニドゥ、ソナム!私たちはいつでも、いつまでも、SEISAで繋がっています。

画像6


4
星槎の中学校・高校・大学では「する・みる・ささえる」をテーマに、スポーツを一つの手段として、補い合い認め合う共生社会の実現を目指しています。保護者、生徒のみなさんはじめ、全ての星槎ファンの皆さまへお届けするスポーツコラムです。http://www.seisa.ed.jp/